トップページ »  » オフィスレイアウト変更の計画の上で

オフィスレイアウト変更の計画の上で

オフィスレイアウトを変更する際、自社で全て行う場合と専門業者に発注をすることがあります。
規模が大きい場合には、専門業者に委託をしたほうがスムーズです。
コストを抑えたい場合には、自社で全て行うということになります。
ただし、自社で全て行う場合には、手間もかかりますし、顧客に迷惑がかかることも考えられます。
出来るだけ勤務時間外に行うとすれば、社員にも負担がかかります。
ですから、専門業者に任せるほうがいいのかもしれません。

オフィスレイアウトの変更を業者に発注した場合、まずはどのようにしたいのかという提案を伝えます。
コンセプトを伝えることが出来れば、理想的なレイアウトにすることも可能です。
計画書と見積りを提出してもらい、やっておくべきことを提示してもらえると助かります。
実際の引っ越し後、チェックをして引き渡してもらい、不備などがあったら問い合わせをすることが出来ると助かります。
保守サービスを受けることが出来る専門業者もたくさんあります。

業者側としては、受注後に訪問をして今のオフィスと引っ越し先のオフィスの確認をした上で、出来ることと出来ないことを明確にします。
限られたスペースを最大限に生かすようなレイアウトを提案します。
コストの面でも抑えることが出来るような工夫をしなければいけません。